物井 謙太(ビックメンバーズクラブ)|ドラフト・レポート

物井 謙太(ビックメンバーズクラブ)

ここでは、「物井 謙太(ビックメンバーズクラブ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



174cm77kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ・チェンジ 氏家高→白鴎大 27歳
最速147㌔の力ある直球を武器とする力投型右腕。2010年秋巨人入団テストを受験。

  最新記事

 ■ 全日本クラブ野球選手権:県大会 ビッグ、全足利破る(毎日jp) 11/4/10

 第36回全日本クラブ野球選手権県大会は9日、鹿沼市の鹿沼運動公園で代表決定戦があり、ビッグメンバーズクラブ、宇大OBクラブが北関東大会進出を決めた。全足利クラブの県予選敗退は初めて。廃校グラウンドで練習する創部3年目の“雑草集団”が、クラブ選手権10回優勝の強豪から大金星。チーム結成以来の目標を達成したビッグメンバーズの選手は「全国も見えてきた」と意気込んでいる。ホンダグループの社員が中心となり、08年12月に結成。高根沢町にある廃校になった大谷小グラウンドを借りて練習している。最速147キロの速球が武器の物井謙太投手(23)を中心に、週4日の猛練習を積み、チーム力を向上させた。県内無敵の王者を追いつめたのは「恐れるものは何もない」という平均年齢20代前半の若いチームの勢い。快勝にもかかわらず、物井投手は「今日は細かい制球ができなかった」と反省。北関東大会初出場だけで満足するつもりはないと言わんばかりだった。

 昨秋は巨人入団テストに呼ばれるなどプロからも注目されていたようです。

 ■ 最速146km 物井謙太投手の右腕に注目(真岡新聞) 10/9/10

 日本社会人硬式野球連盟所属のビッグメンバーズクラブは6月の第81回都市対抗野球県大会で3位となり、10月9日から始まる選抜クラブ対抗野球関東大会を目指して猛練習の最中。またエースの右腕物井謙太選手は146kmの速球を投げる逸材で、読売ジャイアンツ(巨人軍)から招集を受け、9月15日にプロテストを受ける。同クラブはホンダエンジニアリングなどホンダ関連会社の社員が主体となり2008年12月に結成した。部員20人の3分の2がホンダ関連会社の社員。大学生、一般社会人も加入する。練習場は廃校となった高根沢町の旧大谷小グラウンド。練習は月、水、土、日曜日の週4日間で、平日は夜間3時間行われる。物井投手は氏家高のエースで高校時代から140km超の速球で注目されたが、3年の夏にひじを痛め手術。翌年、白鴎大に進学した。大学の友人に勧められて同クラブに入団。吉永監督の指導で投球フォームを改造して146kmを投げられるまでに回復し、今後はさらにフォームを固めて150km台を目指すカーブ、スライダー、チェンジアップも武器。読売ジャイアンツ球場で15日に行われるプロテストは、ホンダ関連各社や同町関係者から大きな期待がかけられている。吉永監督は 「こんなチームからもプロが出る、やればできるということを証明してほしい」という。

 ■ 死球押し出し 好投無念 氏家・物井謙太投手(asahi.com) 05/7/20

 9回裏、無死満塁。ここまで両校とも無得点。そして1球目。氏家の物井謙太投手が投じた直球は、足利工の小野将太選手の腰ベルトをかすめ、捕手のミットもかすめて、転がった。101球を投げた宇都宮東戦から中1日。「調子は本当によかった」。8回まで得意の直球に2種類のスライダーとカーブを交えて11三振を物井投手は奪った。9回裏の先頭打者の宮本康平選手に真ん中高めの直球を左中間にはじき返された。無死三塁と一打サヨナラのピンチ。タイムを取って内野陣が集まる。監督からの指示は「敬遠しての満塁策」。2人歩かせて満塁となったあと、そして、自信を持って、外角低めに構えられたキャッチャーミットを目掛けて投げた。球審が死球のコールをすると、物井投手の体はマウンド上に崩れ落ちた。試合終了後、「何であそこにいったのか今でも分からない」と話し、何度も「悔しい」と繰り返した。「野球を絶対に続けて何らかの形でこの経験を役立たせたい」。目には涙があふれていた。

  プロフィール

 栃木県・氏家高出身。
 高3夏は足利工に0対1で敗れ県大会4回戦敗退、甲子園出場実績は無し。
 当時から140㌔超の直球を持ち3回戦では宇都宮東に4安打完封勝利。
 足利工戦でも3安打11奪三振と好投したが最後は無死満塁からの死球押し出しにより
 サヨナラ負けとなった(相手投手がノーヒットノーランを達成)。
 白鴎大時代はヒジを手術した影響もありタイトル獲得等の実績は無し。

 その後はビッグメンバーズクラブに入団。
 投球フォーム修正により球速は最速147㌔にまでアップ、
 2010年9月には巨人入団テストに招集されるなどプロからも注目されている。
 今春の全日本クラブ野球選手権県大会では1回戦で宇工OBクラブを延長11回完封で下し
 創部3年目での同大会初勝利に貢献。
 続く代表決定戦全足利クラブ戦では8安打7四球と不安定な投球ながらも2失点に
 抑える粘投で強豪撃破を果たした。

 174cm77kg、直球を武器とする力投型右腕。
 最速147㌔の力ある直球とカーブ、スライダー、チェンジアップ。
 コントロールに課題が残る。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2011年04月10日(日)|2015年社会人投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑