竹内 勇太(関西学院大)|ドラフト・レポート

竹内 勇太(関西学院大)

ここでは、「竹内 勇太(関西学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm79kg 右右 MAX140km 遠投105m 50m6秒4 城南
長打力のある右の強打者。1年夏から4番を務め通算27発。3年春選抜で3ラン、完投勝利。

  打撃・投手成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   12春:          出場無し
   12秋:          出場無し
   13春: 4 .333  3  1 0 0 0 0 0 0 0  .333  .333
   13秋: 2 .000  3  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   通算: 6 .167  6  1 0 0 0 0 0 0 0  .167  .167

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   11春: 2 .222  9  2 0 0 1 4 1 1 1  .300  .556

   11春   回数 被安 奪三 四死 自責 
   報徳学園   9  11  2  3  3 136㌔
   鹿児島実   8  15  4  4  6
         17  26  6  7  9 防4.76
     被安打率13.76 奪三振率3.18 四死球率3.71

  最新記事

 ■ 21世紀枠・城南、V経験校・報徳に勝った!(スポーツ報知) 11/3/27

 21世紀枠で春夏通じて初出場の城南(徳島)は、通算3度優勝の報徳学園(兵庫)を破る大金星。創部114年目での甲子園初勝利は最スロー記録となった。4番でエースの竹内勇太が、打って、投げて、魅せた。城南2点リードで迎えた9回2死一、二塁。「しゃーっ!」と、打席で言葉にならない雄たけびを上げた。「叫べばリラックスできる」という森監督の助言通り、余計な力が一気に抜けた。その初球。インコース高めの直球を振り抜いた左翼席への高校通算27号となる3ラン。試合を決定づける一発を放っただけでなく、投げても強豪相手に被安打11、5失点を喫しながらも完投。森監督も「ベストピッチング」と大きくうなずいた。

 変化球を思い切り良く打ってくるというデータがあり報徳は直球中心の攻めとなったようです。
 第1打席では狙い通り内角直球に詰まらされてしまいましたが最終打席は見事でした。
 投手としては目立つ武器が無い印象でしたがまずまずバランスがいいですね。

 ■ 打線でも柱のエース--竹内勇太投手(毎日jp) 11/3/1

 エースで四番と投打の柱を担う。182センチ、79キロの恵まれた体から投げ込む直球に、三振を狙うスライダー、打者を打ち取るためのカーブと変化球を投げ分ける。公式戦での打率は6割を超え、打撃力を買われ1年から野手としても試合に出場していた。「実は打つ方が好き」だが、「自分の投球で試合の行方が決まる比重が大きいことに、やりがいを感じる」と投げる方での自覚も十分。打たれた時や打てない時など試合中の気持ちの切り替えを特に意識しているという。課題は低めのコントロールで、理想の高さにテープを張って投球練習に励む。「甲子園は小さい頃から夢だった舞台。1試合でも多くプレーしたい」と目を輝かせる。

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   10秋公: 6 .609  23 14 4 3 0 9 0 7 0  .700 1.043
   10秋全: 53 .401 182 73 21 8 4 53 18 36 1  .500  .670

  プロフィール

 徳島県出身。
 竹内 勇太(たけうち ゆうた)投手。
 八万中時代は軟式野球部に所属。

 城南高に進学後、1年・2年夏は4番レフトを務め県大会8強入り。
 秋はエースを任され創部113年目県大会初優勝の原動力として活躍した。
 ランナーを背負いながらも粘りの投球で全6試合に先発し4完投、
 県決勝で徳島商に6安打2失点完投勝利。
 四国大会は香川西に6対7で敗れ初戦敗退となった。
 4番打者としても選抜出場選手中トップの打率.609、9打点の好成績を残している。
 3年春は21世紀枠に選出され選抜初出場、
 投打に渡る活躍で報徳学園を8対5で破る金星を挙げ甲子園初勝利を果たした。
 第3打席で高め138㌔直球をセンター前に弾き返すタイムリー、
 続く打席ではアウトになったものの外角高め143㌔直球を捉えライトへ大きな当たり。
 9回表には内角高め143㌔直球を見事に振り抜きレフトへ3ラン、
 自身公式戦初となる本塁打で勝利を大きく手繰り寄せた。

 182cm79kg、ガッチリした体格の右の強打者。
 球を呼び込みリストの利いた力強いスイングで長打を放つ。高校通算27本塁打。
 2年夏までの守備位置はレフト。遠投105m。
 50m6秒4、一塁到達タイム4.6秒台と脚力はいまひとつ。
 小さく振りかぶり右上手から投げ下ろす最速140㌔、常時130㌔台前半から中盤の直球と
 100㌔前後から110㌔台のカーブとの緩急。
 その他110㌔台のスライダー、110㌔前後のチェンジアップ。
 まずまずのコントロールで粘り強く打たせて取る投球に持ち味。

  スカウトコメント

巨人・山下スカウト部長|11/3/29
 「右の長距離砲としての将来性を感じました」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2011年03月28日(月)|退団・引退・進路不明など | 関西学生 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
報徳に8対5と打ち合いを制したというのは大きいですね

| 匿名 | 2011年03月28日(Mon) 21:32 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 関西学生 コメント(1) Page Top↑