柿原 翔樹(鎮西)|ドラフト・レポート

柿原 翔樹(鎮西)

ここでは、「柿原 翔樹(鎮西)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



柿原 翔樹(鎮西)

175cm75kg 右右 MAX140km 三塁・外野・投手
フルスイングで135m級の打球を飛ばす右のスラッガー。通算30本塁打。投手としても140㌔。
2011年オリックス育成2位

  最新記事

 ■ 4番魂「来夏校歌歌い続ける」 鎮西・柿原翔樹選手(asahi.com) 10/7/19

 熊本工の今村裕一郎(3年)が放った打球は左中間スタンドに飛び込み、大会4号となる2点本塁打に。柿原も1年から4番を任されている。身長174センチ。特別に恵まれた体格ではないが、「今までプロになった卒業生と比べてもバットスピードが違う」と江上寛恭監督は評価する。その柿原は、ひそかに今村を意識していた。昨春に熊本工と対戦した頃から「熊本で一番打つバッターは今村さん」と尊敬し、目標にしてきた。「自分にだって鎮西の4番の意地がある」。その裏の打席は三振に倒れた。前の試合で大会1号を放っていた柿原。アウトコースに球を集められるのではと懸念していたが、相手投手の月田雄介(3年)はインコースも突いてきた。自分と勝負してくれている、と感じた。迎えた8回の打席。2ストライク後、内角高めの直球に「いける」と、思い切り振り抜いた打球は左翼スタンドへ。2試合連続の本塁打になった。その回が終わった攻守交代で、今村から「ナイスバッティン」と声をかけられた。結局、7点差をつけられて敗退。試合後のあいさつでは今村のもとに駆け寄り、握手を求めた。「頑張れよ」と今村。相手の校歌を聴きながら誓った。「来年の夏は、自分が勝って校歌を歌い続ける」。

       試合 打率 打 安 本 点 
   10夏予選: 2 .375  8  3  2  3

  プロフィール

 福岡県出身。
 柿原 翔樹(かきはら しょうき)外野手。
 那珂川北中時代は福岡ウイングスに所属し投手としてプレー。
 3年夏にジャイアンツカップ出場。

 鎮西高では1年春からレギュラー。
 夏は4番三塁手で起用され3安打2打点と活躍したが
 ルーテル学園戦に2対3で敗れ初戦敗退となった。
 2年夏も3回戦で熊本工に敗れ早期に姿を消したが4番右翼手で出場、
 八代南高戦で2ラン、熊本工戦でソロ、2試合連続本塁打を放っている。
 11月に行われた三池高との練習試合では1試合目で28号、
 2試合目で29・30号の2打席連続特大弾を放ち1日3本塁打を記録した。
 高校通算30本塁打。

 175cm75kg、強肩強打の三塁手。
 大柄では無いがリストが強くフルスイングで長打力を売りとする右のスラッガー。
 ヘッドスピードが速く135m級の飛距離を誇る。
 守備位置は三塁、外野、投手をこなす。
 投手として最速140㌔を記録し肩も強い。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2011年03月16日(水)|2011年ドラフト指名選手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
魅力のある強打の三塁手ですね
| ボンネット高輪 | 2011年05月05日(Thu) 18:53 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2011年ドラフト指名選手 | コメント(1) Page Top↑