阿部 拳斗(新潟アルビレックスBC)|ドラフト・レポート

阿部 拳斗(新潟アルビレックスBC)

ここでは、「阿部 拳斗(新潟アルビレックスBC)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm85kg 右右 MAX147km スライダー・フォーク・カーブ 中越高→新潟証券 23歳
最速147㌔の伸びのある直球とフォーク。2年目にリーグ2位13勝で優勝を達成。前期MVP受賞。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   11年: 15  2勝1敗  48  31  50  34  20  3.75
   12年: 20 13勝6敗  137 133  84  41  35  2.30(4位)
   通算: 35 15勝7敗  185 164 134  75  55  2.68
         被安打率7.98 奪三振率6.52 四死球率3.65

  最新記事

 ■ 高津監督率いる新潟が初優勝 野球BCリーグ(asahi.com) 12/10/13

 野球の独立リーグ、BCリーグは13日、福井フェニックススタジアムでチャンピオンシップ(5回戦制)第3戦が行われ、新潟(上信越)が福井(北陸)を7―1で破り、3連勝で初の年間総合優勝を果たした。プロ野球ヤクルトなどで活躍した高津臣吾氏が監督を務める新潟は、独立リーグの年間王座を争うグランドチャンピオンシップ(20日開幕、5回戦制)で四国アイランドリーグplus年間総合優勝の香川と対戦する。

   12年プレーオフ   回数 被安 奪三 四死 失点
   B C L:福井 先   7  7  2  1  2 ○
   グランド:香川 先   6  6  5  3  3 ○
              13  13  7  4  5 防3.46(失点から計算)
          被安打率9.00 奪三振率4.85 四死球率2.77

 ■ 投打かみ合い快勝、福井を8―1 阿部、初完投で9勝目(新潟日報) 12/8/2

 BCリーグの新潟アルビレックスBCは1日、福井フェニックススタジアムで福井と対戦し、8―1で快勝した。先発の阿部は初の完投勝ちで9勝目。打線も12安打で援護した。後期の通算成績は8勝2敗となった。  阿部は被安打6、9奪三振。四死球ゼロだった。うち6回を三者凡退に抑えた。九回、適時打を許して完封を逃した。

   プロ交流戦 回数 被安 奪三 四死 失点
   西 武     1  1  0  2  3
   巨 人     2  1  3  1  0
   横 浜 先   5  8  2  5  6
   巨 人 先   5  3  3  1  0
          13  13  8  9  9 防6.23(失点から計算)
      被安打率9.00 奪三振率5.54 四死球率6.23

 ■ アルビBCに10選手が入団(asahi.com) 10/12/14

 阿部は中越高3年の夏、大会屈指の右腕として優勝を期待されたが、準々決勝の守備で三塁手とぶつかり右足を骨折して退場。チームは準決勝で佐渡に敗れた苦い経験がある。高校卒業後は新潟証券で軟式野球に転じていた。
 中でも注目はピッチャーの阿部拳斗。中越高校出身でMAX147キロのストレートが最大の武器です。(新潟テレビ21)

過去記事

 ■ 中越の阿部がNO・1/新潟(日刊スポーツ) 08/7/4

 日刊スポーツが選ぶ全国ピカ一投手。新潟は中越の阿部拳斗投手(3年=175センチ、78キロ、右投げ)。最速144キロの本格派右腕。評価はC。

  プロフィール

 新潟県南魚沼市出身。
 阿部 拳斗(あべ・けんと)投手。
 塩沢中時代は軟式野球部に所属。

 中越高では1年時からベンチ入りし、2年秋から主戦を務める。
 3年春に県準V、北信越大会進出を果たし、32.2回43奪三振、防1.65の活躍で注目を集めた。
 3年夏(2008年)は県内No.1右腕と評されたが、佐渡高に1対2で敗れ準決勝敗退。
 準々決勝小出高戦で三塁手と交錯し、右足骨折で無念の戦線離脱となった。
 県大会準V、北信越大会1回戦が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 卒業後は新潟証券に進み、2年間は軟式野球部で活躍。
 2010年12月に新潟アルビBCから地元枠指名を受け、硬式野球に再挑戦となった。

 新潟アルビBC入団後は1年目からリーグ戦に出場。
 2年目に先発2番手として上信越地区優勝、リーグ初優勝、独立リーグ日本一を達成した。
 寺田哲也に次ぐ137回をこなし、リーグ2位の13勝(1完投0完封)、防御率2.30(4位)をマーク。
 前半戦でチームトップ7勝を稼ぎ、防御率2.59の好成績で前期MVPを受賞している。
 プレーオフでは2試合の先発を任され、13回13安打4四球5失点の粘投で2勝を収めた。
 プロ交流戦(2012年)には4試合に登板したが、13回で13安打9四球を許し9失点。
 7月の巨人戦で2回3奪三振無失点、8月の同カードで5回3安打無失点の好結果を残した。
 リーグ通算35試合、15勝7敗、185回、134奪三振、防御率2.68。

 175cm85kg、ガッチリした体格の本格派右腕。
 セットポジションから重心を下げ、開き早めながらも肘を使った腕の振りから繰り出す最速147㌔、
 初速終速差の少ない伸びのある直球と120㌔台のスライダー、フォーク、100㌔台のカーブ。
 2年目は制球力が改善され(四死球率6.38→2.69)、シーズン通して先発として活躍。
 フォークの制球が向上した一方で落差が減り、被安打率・奪三振率が低下した。
 その他ツーシーム、カット、チェンジアップと持ち球は多彩。
 背筋力250キロ、握力70キロ超のパワーを備える。遠投110m、50m6秒2。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2013年03月11日(月)|退団・引退・進路不明など | コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
はっきり言って阿部はすごいよ
| 匿名 | 2012年08月20日(Mon) 19:42 | URL #- [ 編集]
巨人はまた育成枠で新潟のチームから指名するかな!?
| 名無しさん | 2012年01月05日(Thu) 14:24 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | コメント(2) Page Top↑