木野 学(東芝)|ドラフト・レポート

木野 学(東芝)

ここでは、「木野 学(東芝)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



木野 学(東芝)

165cm65kg 右左 二塁手 遠投105m 50m6秒4 PL学園→青山学院大 4年目
1部リーグ通算60安打の巧打者。3年春2部で打率.386マーク。守備範囲の広い二塁手。

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   08春: 13 .209  43  9 1 0 0 1 1 5 1  .292  .233
   08秋: 13 .255  47 12 1 0 0 1 5 9 1  .375  .277(7位)
   09春: 11 .302  43 13 2 0 0 7 3 3 2  .348  .349(7位)
   09秋: 11 .238  42 10 2 0 0 4 7 3 0  .289  .286
   10春: 11 .386  44 17 3 0 0 2 3 5 0  .449  .455(2位) 二部 
   10秋: 13 .296  54 16 1 1 0 2 2 4 0  .345  .352(5位)
   11春: 4 .000  7  0 0 0 0 0 1 2 0  .222  .000
   11秋: 14 .283  60 17 1 0 2 6 5 2 1  .306  .400(6位) 
   通算: 79 .260 296 77 8 1 2 21 24 28 5  .324  .314
    ※ 08秋:ベストナイン 11秋:ベストナイン(DH)

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   06春: 4 .273 11 3 1 0 0 1 2 5  .500  .364 

  最新記事

 ■ PL4強に 木野二塁手、攻守に躍動(asahi.com) 06/4/2

 第78回選抜高校野球大会第10日の1日、PL学園は秋田商を4―1で破った。相手のすきを逃さずに重ねた得点を守りきり、7年ぶりの4強進出。7回、堅い守りを誇ってきたPLの内野陣が乱れた。先頭打者のセーフティーバントで、送球を受けた一塁手戸沢一樹がベースを踏み損ね、内野安打になった。その後も、PLらしからぬ守備で2本の内野安打をゆるし、1死満塁のピンチ。「嫌な感じだ。絶対、併殺にとろう」。エース前田健太は、思惑通り遊ゴロに打ち取った。ところが遊撃手岡崎啓介の二塁送球が一塁側にそれる。二塁手の木野学と走者が交錯するかと見えた。しかし、木野は走者をかわしながら一塁へ送球。併殺が完成、危機を脱した。岡崎は「木野なら、なんとかしてくれると思った」。6回には秋田商の先頭打者が放ったセンター前に抜けそうな打球を、木野が回り込んでつかみアウトに。反撃の芽を摘んだ。秋田商の小野平監督は「二遊間の動きに負けた」と脱帽した。木野は中学時代、遊撃手だった。PLに入学すると、ボーイズリーグ時代に世界大会出場経験があり、同世代で有名な遊撃手の岡崎がいた。「やばいと思った。打撃は向こうが完全に上だし、争って定位置をとる自信はなかった」。だが、移った二塁で才能を見せつけた。位置取りやボールさばきに監督の藤原弘介は「1年生とは思えなかった」と振り返る。身長165センチと小柄だが、1年の夏から背番号「4」をとった。木野は「守備なら誰にも負けない。セカンドは野球を深く知ってなければできないポジションで、自分に向いている」と自信を持つ。

  プロフィール

 大阪府出身。
 木野 学(きの まなぶ)二塁手。
 小学1年から遊撃手として野球を始める。
 5年時から蒲生中卒業までは八尾フレンドに所属し4度の全国大会優勝を経験。

 PL学園時代は1年夏から二塁手レギュラー。
 同年秋に大阪大会優勝、近畿大会4強進出。
 2年春選抜には2番二塁手として出場し岡崎啓介(現立大)との2年生二遊間コンビで
 前田健太投手(06年広島 高校1巡)を支え4強入りに貢献した。
 3年夏は府大会3回戦で敗退。

 青山学院大では1年春から二塁手レギュラー。
 以降コンスタントな働きで4度の打撃ベスト10入り、
 リーグ通算77安打(1部60安打、2部17安打)をマークしている。
 1年秋に出塁率.375を記録、2番打者としてつなぎ役をこなしベストナインを獲得。
 2年春に1部で3割マーク、2部落ちとなった3年春にはリーグ2位.386の高打率を残した。
 来季は主将を務める。
 1部リーグ通算79試合、打率.260、77安打、2本塁打、21打点、5盗塁。

 165cm65kg、巧打堅守の小柄な二塁手。
 3年秋は三振わずかに2、バットコントロールの良い巧打者。選球眼も良い。
 率はさほどながら状況判断力がありチームバッティングをこなす。
 高校時代から定評があった二塁守備はグラブさばきが良く軽快。
 ポジショニングにもセンスを見せ守備範囲が広い。
 遠投105m、50m6秒4。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2010年12月06日(月)|2015年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑