藤谷 周平(南カリフォルニア大)|ドラフト・レポート

藤谷 周平(南カリフォルニア大)

ここでは、「藤谷 周平(南カリフォルニア大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



190cm77kg 右右 MAX154km フォーク・カーブ カリフォルニア・アービン高
長身から最速154㌔の直球とフォーク。09年パドレスから18巡目指名を受けるも入団せず。
2010年千葉ロッテ6位

  投球成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四球 自責 防御率 
   08年: 11 1勝4敗1S   22  24  17  9  12  4.91
   09年: 21 1勝4敗9S  22.2  20  29  15  10  3.97
   10年: 19 5勝1敗2S   27  45  18  10  23  7.67
   通算: 51 7勝9敗12S 71.2  89  64  34  45  5.65
          被安打率11.18 奪三振率8.04 四死球率4.27

    2010年        回数 被安 奪三 四死 自責
    Cal Poly        1.1  1  1  0  0 ○
    Loyola Marymount     1  3  0  1  2 ○
    Oklahoma State      2  3  3  1  1 ●
    UCLA           1  4  0  0  3 
    Pepperdine        2  2  2  0  0
    Hawai'I         1  0  0  0  0
    Pepperdine        1  0  2  0  0 S
    Stanford         3  4  2  2  1 ○
    Loyola Marymount 先   0  3  0  2  4
    CSU Bakersfield    1.2  1  2  2  0
    California        1  2  1  1  1 
    Arizona State     0.1  0  0  1  0
    UC Santa Barbara     2  4  0  0  2
    Long Beach State    1.1  3  0  0  1
    UCLA          1.1  4  0  0  2
    New Mexico State    4.1  4  4  1  0 ○
    Washington State    0.1  5  0  2  6
    Washington        2  2  1  0  0 S
                0.1  0  0  0  0 ○
                27  45  18  13  23 防7.67
            被安打率15.00 奪三振率6.00 四死球率4.33

  最新記事

 ■ ロッテ6位藤谷周平投手はパドレスを蹴った右腕(スポニチ) 10/10/29

 南カリフォルニア大の藤谷周平投手が28日、同大グラウンドで心境を語った。最終目標はメジャー入りとしながらも明確なプロ志向を表明。米国仕込みの日本人プロ選手誕生の可能性は十分だ。吉報が入ったのは現地の午前3時。「あまり予想もしていなかったのでびっくりした。指名をいただいてうれしい限り」と喜びを口にした。昨年はパドレスから指名されたが大学進級を選択。今回は「プロの世界に入っていきたい。真剣に考えたい」と前向きだ。7歳から米国暮らしとあって日本の野球は未経験。あこがれは野茂英雄投手で、やはりメジャーへの思いは強い。今後は両親や球団と話し合い「メジャーに近い道を選びたい。どんなオプションがあって、どんな環境に置かれるのかを聞いてみたい」と話した。

 ■ 米で活躍の逸材…南加大・藤谷周平(毎日jp) 10/10/26

 28日にドラフト会議が開かれる。斎藤佑樹、大石達也の両投手ら大学生に逸材がそろう「豊作ドラフト」で、注目を集めそうな投手が米国にもいる。南カリフォルニア大(南加大)の藤谷(ふじや)周平(23)だ。「メジャーへの夢は大きいが、(日本の球団に)興味を持ってもらえるのはうれしい」と心境を語る藤谷に、日本ハムなどが関心を示している。東京都出身の藤谷は、異色の経歴の持ち主だ。父親の仕事の関係で、小学1年の時に渡米。当時、ドジャースで活躍していた野茂英雄投手にあこがれ、8歳でロサンゼルス近郊の少年野球チームに加わった。その後、ノーザン・アイオワ大で奨学金をもらいながらプレーしていたが、3年時に廃部。この時、パドレスからドラフト18巡目で指名される一方、メジャー通算303勝をマークしたランディ・ジョンソン(元ダイヤモンドバックスなど)や583本のアーチをかけたマーク・マグワイア(元カージナルス)ら、米大リーグのスター選手を輩出した南加大から誘いを受けた。「野球も強いし、学問的なレベルも高い。野球を続けるにしても大学を卒業しておきたかった」と藤谷は話している。96マイル(約154キロ)の直球とカーブ、フォークを持つ身長190センチの右本格派。南加大では主に中継ぎとして活躍した。フォークは、直球との組み立てで日米通算201勝を挙げた野茂からの「直伝」。約4年前、右ひじの故障でリハビリ中だった野茂と会う機会があり、フォークの握り方を教えてもらった。今でも「教えてもらった握りは変えていない。鋭く落ちる」という。今年2月から3月にかけ、早大がロサンゼルス合宿を行った際、南加大の球場施設を見学した。そのガイド役を務めたのが藤谷だった。日本の球団からドラフト指名を受けた場合、帰国するか米国に残るかは、まだ決断していない。それでも、斎藤や大石について「2人ともすごい投手。負けたくない」と話すなどプロに対する意欲は隠さない。

 テレビでわずかながら放送された投球映像では鋭く落ちるフォークが印象に残りました。
 日本行きをまだ決断していないというのは若干気になるところですね。

 ■ ドラフト隠し玉は154キロ逆輸入右腕(日刊スポーツ) 10/10/12

 日本ハムヤクルトなど複数の球団が、28日のドラフト会議で、米国の名門、南カリフォルニア大の日本人の指名を検討していることが11日、分かった。東京都出身の藤谷周平投手(23)で、190センチの長身から96マイル(約154キロ)前後の速球を投げる救援投手。高校から米国でプレーし、09年6月の米大リーグのドラフトでは、パドレスから18巡目(全体534位)で指名されながら入団はしていない。今季は19試合に登板して5勝1敗2セーブの成績を残した190センチ、77キロの右腕で、96マイル(約154キロ)前後の速球を投げる救援投手。漏れ伝わってくる情報によると、藤谷が米国で積み上げてきたキャリアは抜群だ。東京生まれで、父親の仕事の関係で中学のころに渡米。カリフォルニア州のアービン高校では4年間、優秀選手として奨学金をもらっていたという。ノーザン・アイオワ大に入学すると2年生からレギュラークラスとして活躍した。3年生だった09年には、21試合に登板して22回2/3で29奪三振、1勝4敗9セーブをマーク。2年時の1セーブと合わせて計10セーブは、同大の史上最多タイ記録となった。そんな活躍が知れ渡って、ベースボール・アメリカ誌では、将来を嘱望される選手を取り上げた「トップ・プロスペクト100」に選ばれた。同年6月のドラフトでは、3年生ながらパドレスから18巡目で指名された。理由など詳細は明らかになっていないが、パ軍には入団しなかった。シーズン終了後にノーザン・アイオワ大の野球部が解散したため、今季からメジャー通算303勝のランディ・ジョンソンらを輩出した名門の南カリフォルニア大に移籍している。未知数な部分は多いものの、残してきた成績から判断するならば、日本の球団で需要の多い中継ぎや抑えとして即戦力となりそう。23歳と若く、将来は先発として頭角を現してくる可能性も十分にある。既に複数の球団が獲得するかどうかを判断するため、極秘でチェックを済ませ、ドラフト会議で指名する方向で準備を進めているという。米球界関係者によれば「日本の球団が確実に指名をするだろう」という状況。今後、検討する球団が増える可能性もある。大学生投手がドラフトの目玉として脚光を浴びる中、新星が登場。異色の逆輸入投手が、28日の“豊作ドラフト”に彩りを添えることになりそうだ。

 今シーズンは27回を投げて被安打45(率15.00)、防御率7.67。
 動画でも常時145㌔前後は出ていてスピードはありそうですが見やすいのかもしれないですね。

  プロフィール

 東京都生まれ。
 藤谷 周平(ふじや しゅうへい)投手。
 小学1年時に父親の仕事の関係で米国に渡り8歳から野球を始める。
 アービン高では優秀選手として奨学金を受けながらプレー。

 ノーザン・アイオワ大進学後は2年時からレギュラークラス入り。
 以後救援投手として活躍し2年間で同大学史上最多タイ10セーブを記録。
 3年時にはパドレスから18巡目指名を受けたがMLB入りはせず同大学野球部の解散に伴い
 南カリフォルニア大に移籍した。
 今季は防御率7点台に終わったが最速96マイル(約154㌔)を誇る潜在能力に注目した
 日ハム、ヤクルトなどNPB複数球団が今秋ドラフトでの指名を検討している。

 190cm77kg、長身細身の右オーバースロー。
 上から投げ下ろす最速154㌔の角度ある直球とフォーク、カーブ。
 野茂直伝の鋭く落ちるフォークを決め球とする。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2010年10月26日(火)|2010年ドラフト指名選手 | コメント(9) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
いつ入団するんだろう・・・

さすがに拒否はないよね
| とっぽ | 2010年12月28日(Tue) 17:53 | URL #- [ 編集]
「野茂直伝のフォーク」と聞くとそれだけで凄く感じてしまいますね
残り2日
指名はあるのか気になります
| 鴎 | 2010年10月26日(Tue) 20:58 | URL #- [ 編集]
その気持ちすごくわかります。そのほうがインパクト強かったですよね。

報道によると今シーズンはよくなかったみたいですが、被安打率も四死球率も良くはないですしね。

そもそもパドレスを拒否した理由が不透明ですが、日本からの指名は受けそうな気はしますよね。
| 匿名 | 2010年10月13日(Wed) 18:35 | URL #8/bi7mmM [ 編集]
変化球とかどんな感じなんだろ?
荒削りな感じだし、中位くらいで指名されそうですね。

どうせなら、ドラフト当日まで情報出ないでほしかったな。そっちのほうが驚き具合が半端じゃなかった(笑)
| 匿名 | 2010年10月13日(Wed) 01:20 | URL #- [ 編集]
何位くらいでの指名があるかまったく未知数ですね。

大穴で1位だったら、今年のいい選手は競合覚悟だから単独でいけるかと思いましたが、この記事とフォーム見る限り粗削りな印象ですね。

ヤクルトは斉藤さんの1位を宣言してますし、隠し球なら低い順位での獲得が理想だったと思いますが、この記事が出て全球団の知る存在となってしまったので、もしかしたらこの選手を指名する球団は指名順位が若干つりあがるかもしれないですね。
| 匿名 | 2010年10月12日(Tue) 23:54 | URL #8/bi7mmM [ 編集]
今年のドラフト会議がますます楽しみになりましたね^^
| 大地 | 2010年10月12日(Tue) 23:39 | URL #- [ 編集]
良いですよね、こういうロマンがあるドラフト候補
隠し球とかもうほぼ絶滅しましたから
| スライリー | 2010年10月12日(Tue) 22:29 | URL #sSHoJftA [ 編集]
ですね。1987年8月12日生まれとプロフィールページにありました。
http://www.usctrojans.com/sports/m-basebl/mtt/fujiya_shuhei00.html
| 管理人 | 2010年10月12日(Tue) 22:11 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
23歳という事は去年の二神たちと同世代ですかね?
| 鴎 | 2010年10月12日(Tue) 21:05 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2010年ドラフト指名選手 | コメント(9) Page Top↑