藤田 卓史(東芝)|ドラフト・レポート

藤田 卓史(東芝)

ここでは、「藤田 卓史(東芝)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



藤田 卓史(東芝)

182cm70kg 右右 MAX147km シュート・スライダー・フォーク 沖学園→九共大 10年目
常時130㌔台後半の直球とシュート、スライダー。6年目都市対抗で3勝、2完封で橋戸賞受賞。

  投球成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   10都: 3    24  10  9  2  2 
        先  9  2  5  0  0 140㌔ 東海理化
        先  6  5  1  2  2 143㌔ JFE東
        先  9  3  3  0  0 142㌔ JR九州
   10日: 1 先 4.2  5  3  1  2     三菱岡崎
   通算: 4   28.2  15  12  3  4 防1.26
       被安打率4.71 奪三振率3.77 四死球率0.94
    ※ 10都:橋戸賞・優秀選手

  最新記事

 ■ 東芝3年ぶり7度目V!完封の藤田が橋戸賞(スポーツ報知) 10/9/8

 東芝がJR九州を2―0で破り、3年ぶり7度目の優勝を飾った。元南海投手・藤田学氏(55)の次男で、6年目の右腕・藤田卓史(27)が散発3安打で二塁を踏ませず、無四球完封3勝を挙げ、MVPにあたる橋戸賞を獲得した。胴上げが始まった。藤田は笑いながら、泣いていた。最後の力を振り絞って、印出順彦監督を押し上げた。決勝で3安打完封の快投。「こういう舞台で投げられて、幸せだった」。2度の無四球完封を含む3勝を挙げた右腕は、感無量の表情で言った。右サイドからキレのあるボールで攻めた。「気持ちを込めて投げた」。6年目だが、都市対抗のマウンドは今大会が初めて。1年間の成長を実感できた107球だった。昨年の都市対抗でも出番はなかった。東芝の敗退後、監督室をノックした。「何で使ってくれないんですか」。印出監督は驚いた。直談判してくる選手は今までいなかった。そして、うれしかった。「なら、やってくれ」。藤田の目の色が変わった。エースの座を奪い、頂点へと上り詰めた。父はプロでコーチを歴任。同じ世界に進むのは?と聞かれ「多少は…」。祭りのあとのドームで、遅咲きのヒーローが、照れた。
 転機は昨年の都市対抗だ。チームは8強進出も、後輩が次々にマウンドに上がる中で藤田には最後まで声がかからなかった。直前のオープン戦で好投して自分なりに手応えを感じていただけに大会直後、泣きながら監督室をノックした。「なんで投げさせてくれないんですか」。印出監督から返ってきた答えは「信頼がないからだ。悔しかったら信頼される投手になれ」。それから藤田の目の色が変わった。「ああ言った以上は責任がありますから」。積極的に練習に取り組み、下半身を強化したことで球持ちがよくなり、リリースポイントが打者寄りになった。(スポニチ)

 九共大時代神宮で最速146㌔を記録、ドラフト候補だった投手です。
 都市対抗ではシュートが効果的に決まり打たせて取る安定感ある投球でした。
 11月の誕生日で28歳、ここ10年間でプロ入りした28歳以上の投手は6人(企業チーム2人)
 にとどまりプロ入りの可能性は低いですが社会人での今後の活躍を期待して取り上げてみます。
 5年間目立った活躍が無く6年目で一気に橋戸賞というのも珍しいケースですね。

 ■ 東芝・藤田が2安打無四球完封(日刊スポーツ) 10/8/31

 優勝6回の東芝(川崎市)が、2年連続で初戦を突破した。6年目の藤田卓史投手(27=九州共立大)が、散発の2安打で無四球完封右横手からスライダー、シュート、フォークを散らし、わずか84球で相手打線をシャットアウトした。印出順彦監督(41)は「今日は藤田に尽きる。春からうちの柱になって、初戦の先発も自力でつかんだ。最高のピッチングをしてくれた」と絶賛していた。

      試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   10都予: 4 21.2  17  17  7  6  2.49  7.06  7.06 
2.91

  プロフィール

 大阪府出身。
 藤田 卓史(ふじた たかし)投手。
 南海で投手として通算72勝を挙げた藤田学氏を父に持つ。
 沖学園時代に甲子園出場経験は無し。
 九州共立大では4年春にリーグ戦初勝利。
 大学選手権初戦八戸大戦に2番手で登板し全国大会を経験。
 3対5で初戦敗退となったが最速146㌔を記録、3.2回無失点の好投を見せている。
 当時のエースに高橋秀聡投手(現ソフトバンク)。

 東芝に入社後5年間は目立った活躍は無し。
 ベスト8に進出した5年目都市対抗も出場無く終わりこの悔しさから奮起、
 体作りを進め6年目にして主戦の座を獲得。
 都市対抗では3勝を挙げ3年ぶり7度目の優勝に大貢献、橋戸賞(MVP)に輝いた。
 初戦で東海理化を2安打無四球完封、決勝でJR九州を3安打無四球完封。
 広州アジア大会日本代表にも一次候補者以外から唯一追加選出されている。

 182cm70kg、長身細身の右サイド投手。
 セットポジションで始動、常時130㌔台後半から140㌔前後程度ながら切れの良い直球と
 130㌔台のシュート、120㌔前後のスライダー、130㌔前後のフォーク。
 外角中心に安定したコントロールで低めに集め打たせて取る投球に持ち味。
 社会人6年目にして台頭、気持ちの入った投球を見せる。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2010年09月20日(月)|退団・引退・進路不明など | 福岡六大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
昨日敗退した試合を見てきたのですが、遠投はしていたのですが、投球はなし。
大会通じて投球なし。
社会人の監督って、都市対抗で新人を過度に起用する傾向があるように思います。
経験というのをどう考えているんだろう?
藤田は故障しているようには見えなかった。
見たかった。
年齢も年齢だけに、ひょっとするとと考えてしまう。
| Y.N | 2013年07月23日(Tue) 14:26 | URL #hZXJr77. [ 編集]
「信頼が無いからだ」ってどういう意味?
何があったのか(監督が何を見ていたのか)知りたい。(笑)
| Y.N | 2013年05月08日(Wed) 20:24 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 福岡六大学 コメント(2) Page Top↑