成瀬 功亮(旭川実)|ドラフト・レポート

成瀬 功亮(旭川実)

ここでは、「成瀬 功亮(旭川実)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



成瀬 功亮(旭川実)

182cm79kg 右右 MAX145km スライダー・カーブ
しなやかな腕の振りから繰り出されるキレの良い直球を武器とする速球派。肩甲骨が柔らかい。
2010年巨人育成6位

  投球成績

 【 甲子園成績 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 失点 自責 
   10夏: 1 3.2  2  3  0  1  1 145㌔ 佐賀学園

  最新記事

 ■ 旭川実の145キロ右腕・成瀬に巨人熱視線(日刊スポーツ) 10/10/27

 プロ野球のドラフト会議がいよいよ28日、東京都内のホテルで行われる。今夏の甲子園で自己最速145キロをマークした旭川実の成瀬功亮投手も期待を胸に秘め、指名を心待ちにしている。「期待と不安が半分」と話しながら「トップレベルの選手が集まるところで鍛えて、少しでも自分のものにしたい」。野球を始めた小学3年からの夢、プロ入りに思いをはせた。注目度を一気に上げたのが今夏の甲子園だった。敗れた1回戦(対佐賀学園)でリリーフ登板。背番号10ながら、自己最速を更新する145キロを記録し、潜在能力の片りんをうかがわせた。「負けたのは悔しかったけど、今まで以上の力を出せ、自分にとっては大きな試合だった」。プロ志望届を日本高野連に提出したのは10月4日。旭川永山西小5年だった03年、祖父勲さん(享年69)が天国へ旅立った命日に合わせた。少年野球時代は応援のため野球場に足を運んでくれて、熱心に写真撮影もしてくれた祖父で「小さいとき一緒にプロ野球を見ていた」。天国へのプロ入り報告を願っている。最速145キロ右腕には、ソフトバンクなど数球団が興味を持ち、調査書巨人1球団に提出している。仮に指名がなければ道内の大学受験を予定するが「取ってくれる球団があるのなら、そこで精いっぱいやりたい」。巨人は育成枠での指名を含め熱視線を送っている。育成ドラフトでの指名なら両親、岡本監督らと相談になるが「自分としては育成でも何でも行きたいと思っています」と強い意欲を持っている。小中高を通じ、投手としては2番手のポジションが続いた成瀬の野球人生だが、努力の末に迎えるドラフト会議。スポットライトを浴びる可能性を十分に秘めている。

 ■ 旭実 切り札は背番号「10」成瀬(スポニチ) 10/8/6

 北北海道代表・旭川実は5日、兵庫・伊丹市内で練習。背番号10の最速143キロ右腕・成瀬功亮が“脱力投法”で95、99年に続く夏の甲子園出場3大会連続初戦突破のキーマンとなる。 今夏の公式戦登板は北北海道大会準決勝・駒大岩見沢戦で救援した1回2/3のみ。だが調子が悪かったわけではない。北大会終了後の練習中、岡本大輔監督(37)に呼び出され「甲子園はおまえがカギを握っている」と伝えられた。同時に胸の中にくすぶっていたもやもやした思いが晴れた。気持ちが入りすぎ、力みから投球時のバランスを崩しがちだった成瀬を見てきた岡本監督は、この日のブルペンで「6割の感覚で投げるとちょうどいい」とアドバイス。成瀬も早速、実践した。「力を入れない方が球の切れが出る。重要かもしれない」。力の投球一辺倒だった143キロ右腕が、本番を目前に活路を見いだした。先月30日の大阪入りからこの日で1週間。酷暑バテしないバロメーターとして全員でチェックしている体重は、北大会後の76キロから3キロ増の79キロとベストに戻った。エース左腕・鈴木駿平の陰に隠れていた背番号10が、甲子園で輝きを放つ。

       試合 回数 被安 奪三 四死 失点
   10夏予選: 1 1.2  3  0  2  0

 勢いのあるいい直球を投げる投手ですね。素質に恵まれながら実戦力に課題のあった
 投手のようで全国舞台での好投を自信にしてほしいですね。

  プロフィール

 北海道旭川市生まれ。
 成瀬 功亮(なるせ こうすけ)投手。
 小学3年から野球を始める。
 永山南中では旭川北陵シニアに所属し三塁手兼投手としてプレー。
 当時のエースに小野田俊介(現早稲田実)。

 旭川実業では早くから素質を評価されていたがマウンド上では気負い空回りしてしまう
 メンタルの課題があり結果を残せない試合が続く。
 2年夏は準々決勝で先発のチャンスを得るも制球を乱し4回途中2失点ノックアウト、
 3年春はエースナンバーを背負ったが4回途中5安打3失点で初戦敗退。
 その後故障もあり3年夏は控え投手。
 予選では1試合の登板にとどまったが甲子園では初戦佐賀学園戦にリリーフで登板、
 キレの良い直球を披露し3.2回を3奪三振1失点、最速145㌔を記録する快投を見せた。

 182cm79kg、長身の速球派右腕。
 ワインドアップから始動、ゆったりと足を上げ球持ちの良いしなやかな腕の振りから
 最速145㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半の切れの良い直球と120㌔台後半の
 鋭く曲がるスライダー、縦のカーブを投げ込む。
 抜群に広い肩の可動域から生み出される球速表示以上のキレを誇る直球が武器。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2010年10月27日(水)|2010年ドラフト指名選手 | コメント(5) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
プロ志望届提出しましたね。
どこかから指名があると嬉しいですが。
| ハルタカ | 2010年10月05日(Tue) 00:45 | URL #- [ 編集]
プロ志望届けを提出するかはわかりませんが、上のレベルでも野球を続けてほしいですね。
| 北風 | 2010年08月10日(Tue) 23:47 | URL #- [ 編集]
上で投げる機会がある逸材だと思います。
力投球からバランス重視(6、7割の投球)した投球で、
しばらくは投げ込みをした方が良いと思います。
| トラキチ | 2010年08月10日(Tue) 07:49 | URL #K8Rmk27c [ 編集]
成瀬は安倍昌彦さんが一年時に上田(武修館)らとともに紹介してましたよね
どの程度のものか期待していたんですが、予想をはるかに超えるストレートのスピン、威力、コントロールどれも秀逸だったと思います
なぜこれほどの投手が予選で投げていなかったの個びっくりしたんですが、なるほど、怪我をしていたんですね
彼の将来性には大いに期待しています
| 海兵隊 | 2010年08月09日(Mon) 22:54 | URL #- [ 編集]
本当にもっと甲子園で見たかったです。
プロからの指名があるかは分かりませんが、いつかプロのマインドに立ってもらいたい。
これからずっと応援していきます。
| ハルタカ | 2010年08月09日(Mon) 22:50 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2010年ドラフト指名選手 | コメント(5) Page Top↑