田島 慎二(東海学園大)|ドラフト・レポート

田島 慎二(東海学園大)

ここでは、「田島 慎二(東海学園大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm84kg 右右 MAX149km スライダー・チェンジ・カーブ 中部大第一
最速149㌔直球とスライダー。高2秋に捕手から投手転向、強い地肩生かした球威にプロ注目。
2011年中日3位

  動 画

  投球成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   08春: 7 0勝5敗 32.1  45  18    19  5.29(二部)
   08秋: 3 0勝0敗  2.2  0  3     1  3.38(二部)
   09春: 7 2勝4敗  57  37  39    14  2.21(4位)
   09秋: 9 4勝2敗  59  57  37  26  23  3.51(二部)
   11春: 3 1勝1敗 15.2  13  16  6  7  4.02(二部)
   11秋: 8 0勝0敗 17.2  8  21  4  0  0.00(二部)
   通算: 7 2勝4敗  57  37  39    14  2.21
               被安打率5.84 奪三振率6.16

  最新記事

 ■ 149キロ剛球を誇る 東海学園大 田島(中日スポーツ) 11/10/21

 肩の故障を乗り越えた東海学園大の右腕・田島慎二投手もドラフト指名確実。中部大第一高時代は2年夏まで捕手で、投手経験は浅いが、最速149キロの剛球を投げ込むパワーピッチャー。愛知大学リーグではほとんど2部リーグ暮らし。2年春に1シーズンだけ1部リーグを経験しただけ。「専門の投手コーチの指導を高校、大学と受けたことがないから、プロで教えてもらえれば自分でもまだ“伸びる”という自信はある」。社会人のJR東海に就職が内定しているが、ドラフト指名されれば、プロ入りする決意。現時点では阪神指名が濃厚だ。

 ■ 東海学園大の149キロ右腕 田島 ドラフト指名可能性大(中日スポーツ) 11/10/5

 愛知大学野球2部リーグに所属する東海学園大の田島慎二投手が今月27日のドラフト会議で指名される可能性が大きくなってきた。最速149キロの剛球投手は肩の故障が治って最後の秋はリリーフ専門で戦列復帰。プロ側の評価は再上昇してきた。阪神獲得に向けて、最も熱心だ。胸板が分厚く、おしりもデッカイ。181センチ、84キロのたくましい体から放たれる剛速球が、田島の1番の魅力だ。昨秋の愛知大学野球2部リーグの中京大戦でマークした。「体つきも、球筋も阪神の久保田に似たタイプだね。上体の力で投げるパワーピッチャーだけど、掘り出し物になるかも…」とヤクルト・鳥原チーフスカウト。プロではセットアッパー向きの右腕。今春の2部開幕戦で愛産大を完封した時はその力強い速球にプロ側の評価が跳ね上がったのだが、肩の故障で戦列離脱。春は計3試合に登板しただけに終わり、プロへの道は遠のきかけた。 しかし、最後の秋になって救援専門で復調。6試合で計10イニングを無失点。その評判を聞き付けて、2日の日本福祉大2回戦には、中日は中田スカウト部長、早川チーフスカウト、中原スカウトが駆けつけ、ヤクルト、阪神、横浜ソフトバンクオリックス楽天と合わせて計7球団14人のスカウトが集まった。しかも、中日を含めて5球団が部長、チーフ級のスカウトによる視察。中でも、阪神が獲得に向けて“本気モード”なのだ。 その日最速147キロを計測した試合後「うれしかったけど、力んじゃいました」と田島は苦笑した。社会人のJR東海への就職が内定しているが、同社の了承を得て先月にプロ志望届を提出したところ巨人広島などが早速、東海学園大側に調査書を求めてきた。 中部大第一高時代は2年の夏まで捕手で、投手経験は浅い。「ボクは高校、大学を通じて、投手専門のコーチに教えてもらったことがない。だから、我流投げ。フィジカル面も含めて、プロの世界で指導を受ければ、まだ伸びると自分で信じている」と田島。ドラフト指名されれば、プロ入りする決意だ。中日の浅尾も常滑北高ではキャッチャーで、愛知大学2部リーグ育ち。田島とは共通項が幾つもある。「投球フォームで後ろとなるテークバックが小さい投げ方は浅尾と似ている」と中日・中田スカウト部長。昨春は右肘を痛めるなど、故障を繰り返したこともあって、連投に耐えうる右腕なのかがプロ側には気になるが、評価は再上昇へ。中央球界では無名の剛腕が、ドラフトに向けて注目の人となる。

 ■ 中部大一が無欲の4強入り(日刊スポーツ) 07/7/29

 中部大一がほぼ完ぺきな試合運びで愛知啓成を2-0で下した。4強は準優勝した94年(当時の校名は名古屋一)以来、13年ぶり3度目。ノーシードから無欲の快進撃で悲願の初甲子園まであと2勝に迫った。新チームを結成した1年前に野球人生初の投手に“立候補”した元捕手のエース田島慎二丁寧に低めを突いて4安打完封。昨秋、春とも県大会初戦敗退だった面々の頑張りに、鵜飼洋臣監督は「大会に入って見違えるように成長している。とにかく生徒のおかげ」と話した。

 昨年のスポーツ紙で元中日スカウト・法元英明さんから第2の浅尾(高校時代は捕手、
 現中日)になり得る存在として名前が挙がっていた投手です。今後の活躍に注目ですね。

   10春    回数 被安 奪三 四死 自責
   日福大 先   9  1  8  1  0 ○
   名城大 先  6.1  5  5  6  1
         15.1  6  13  7  1 防0.59
      被安打率3.52 奪三振率7.63
四死球率4.11

  プロフィール

 愛知県名古屋市瑞穂区生まれ。
 田島 慎二(たじま しんじ)投手。
 小学生時代に捕手として野球を始める。
 御幸山中では瑞穂ブルーウイングスに所属。

 中部大第一進学後2年秋に投手転向。
 3年夏は中京大中京に1対8で敗れ県大会準決勝敗退。
 準々決勝までの5試合39回を6失点に抑え13年ぶり4強進出の原動力として活躍した。
 甲子園出場実績は無し。
 当時1学年上に朱大衛投手(西武06年高校3巡)。

 東海学園大には強肩を買われ捕手として入学したが本人の希望で投手継続。
 1年春からリーグ戦に出場し2年春からエースを務める。
 4年間で2年春の1季のみ1部リーグを経験。
 中部大戦で二桁四死球を出しながらも延長12回6安打3失点の粘投で初勝利を挙げると
 中京大戦ではサヨナラ負けとなったものの武藤好貴投手(現JR北海道)と
 投げ合い延長17回225球2失点の力投を披露、
 最終戦名城大戦で3失点完投勝利を収め2勝(4敗)を挙げた。
 リーグ4位の防御率2.21と他校監督を警戒させる投球を見せたが1季で2部に逆戻り。
 2部リーグでは2年秋に9試合59回を投げ抜き4勝をマーク。
 4年春開幕戦では愛知産業大相手に2安打10奪三振完封勝利を収め
 プロからの評価を高めつつあったがその後右肩を痛め戦線離脱となった。
 秋は抑えとして復帰を果たし現在4試合6回2/3で9奪三振無失点、
 日本福祉大戦では視察に訪れた7球団スカウトの前で最速147㌔と球威健在をアピール、
 複数球団から調査書が届くなど再びドラフト候補として注目されている。
 リーグ通算1部2勝、2部8勝。

 181cm84kg、ガッチリした体格のスリークォーター右腕。
 ヒジを柔らかく使った力強い腕の振りから繰り出す最速149㌔、常時140㌔台の
 威力ある直球とスライダー、チェンジアップ。
 打たせて取る投球に持ち味。
 178cm72kgと細身だった体格は現在181cm84kg、
 サイド気味だった高校時代からスリークォーターに腕の位置を上げ力強さを増した。
 粗さは残るが浅い投手経験で最速149㌔に到達、
 地肩・上体の強さを生かした球威がセールスポイント。

  スカウトコメント

ヤクルト・鳥原チーフスカウト|11/10/5
 「体つきも、球筋も阪神の久保田に似たタイプだね。上体の力で投げるパワーピッチャーだけど、掘り出し物になるかも…」
中日・中田スカウト部長|11/10/5
 「投球フォームで後ろとなるテークバックが小さい投げ方は浅尾と似ている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2011年10月21日(金)|2011年ドラフト指名選手 | 愛知大学野球 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
補足ありがとうございます。
捕手として野球を始め中学は遊撃手、高校から再び捕手ということでしょうか?
| gogo126 | 2010年05月30日(Sun) 21:57 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2011年ドラフト指名選手 | 愛知大学野球 コメント(1) Page Top↑