小山田 拓夢(伊達聖ヶ丘病院)|ドラフト・レポート

小山田 拓夢(伊達聖ヶ丘病院)

ここでは、「小山田 拓夢(伊達聖ヶ丘病院)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm75kg 右両 MAX152km スライダー・カーブ・フォーク 古河三→早大 2年目
常時140㌔台の切れの良い直球とスライダー。1年秋新人戦で最速152㌔記録。

  動 画


  投手成績

     試合  勝敗 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   10春:         登板無し
   10秋:         登板無し
   11春:         登板無し
   11秋: 1 0勝0敗  1  1  0  1  0  0.00
   12春:         登板無し
   12秋:         登板無し
   13春:         登板無し
   13秋:         登板無し          
   通算: 1 0勝0敗  1  1  0  1  0  0.00

  最新記事

 ■ 早大の次期エース!?無名の1年生152キロマーク!(スポニチ) 10/11/3

 東京六大学野球リーグ秋季新人戦第1日は2日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、第2試合は9回に救援した早大の小山田拓夢投手(1年)が、自己記録を4キロも更新する最速152キロをマークして、チームの5―2の勝利に貢献。早大無名の右腕・小山田が来春のエース候補に名乗りを上げた。3点リードの9回に3番手で登板すると、初球に150キロを計測。7球目には自己最速となる152キロをマークした。13球中4球が150キロ超えの圧巻の投球で3者凡退で片づけた。古河三3年夏は県大会1回戦で敗退。リーグ戦の登板経験もないが、斎藤、大石、福井が抜ける来年に向け「きょうは全力でいった。いい投球ができた」と納得の表情を浮かべていた。

      10秋新人戦   回数 被安 奪三 四死 自責
      1 回 戦:明大   1  0  1  0  0 152㌔
      準 決 勝:立大   1  2  2  0  0 
      3位決定:法大   8  2  9  2  3
               10  4  12  2  3 防2.70
           被安打率3.60 奪三振率10.80 四死球率1.80

 斎藤佑(61試合371.1回)、大石(60試合155回)、福井(35試合136.2回)、 
 4年間合計663回を消化した3人の存在が大きかった分、実績に乏しい投手が多いですが
 横一線で競争というのも楽しみではありますね。

 ■ 球音)古河三・小山田拓夢投手(asahi.com) 09/7/14

 「私の役割は、彼の練習をやめさせること」。野球部長にそう言われる選手が古河三にいる。エース小山田拓夢投手(3年)だ。冬場の投球練習では、3日間で600球以上投げたこともあった。水戸市民球場の第1試合。霞ケ浦を相手に3回まで一人も走者を出さなかったが、打者が一巡した4回から、初球を狙われた。先頭打者に出塁を許した後、連続四死球で1死満塁とされ、次打者にファーストストライクを痛打された。最速145キロを誇る今大会屈指の右腕。この日は霞ケ浦の事前の予想と異なり、制球も抜群だった。速球の源は、中学時代にさかのぼる。両足の成長痛のため、満足に野球の練習ができない時期があった。父正剛さん(49)は気分転換も兼ねて硬式テニスに誘った。正剛さんはサーブの練習を徹底的にさせた。「コートに入らなくてもいいから遠くに飛ばすように」と教えた。1回の練習で、150~200球も打ち込ませた。その時の経験が、肩の回りをよくさせた。腹筋や背筋もついた。高校に入ってひざの痛みもひき始め、本格的に野球に集中できるようになると、遠投は軽く100メートルを超えていた。グラウンドでは「気がつけば、いつも走っていた」(田嶋一彦部長)。自分を追い込む性格だから、走者を背負うと力んで、制球を乱すという悪い癖も持っていた。ただ、13日は4回以降、立ち直った。「成長したな」。田嶋部長は改めて実感した。

      霞ケ浦 8回 被安7 奪三7 四死5 失点2 146㌔

 昨年に続き1年春から150㌔近くを投げる投手の登場ですね。
 高校時代から最速146㌔を記録していたようですが早稲田のスポーツ推薦合格者として
 名前が挙がるまでその存在を知りませんでした。
 慶大の1年生も山形晃平(土佐高出身)投手が三菱重工横浜戦で145㌔を記録、
 白村も入寮直後に144㌔など今年も春から1年生投手の活躍があるかもしれないですね。

  プロフィール

 茨城・古河三高出身。
 小山田 拓夢(こやまだ たくむ)投手。
 高3夏は1回戦で敗退。
 右肩違和感を抱えながらも最速146㌔を記録、8回を2失点に抑えたが1対2で敗れた。
 甲子園出場経験は無く無名ながら早大練習会で140㌔台中盤の直球を披露、
 持ち前のスピードが目に留まりスポーツ推薦枠を勝ち取る。

 早大入学後1年春リーグ戦での登板は無し。
 大学初登板初先発となったオープン戦平成国際大戦では6回1安打8奪三振無失点の好投。
 その後も東洋大戦6回1失点、住金鹿島戦1回無失点、富士重工戦無失点と結果を
 残したが東海大戦では4回4失点、制球に課題を残した。
 社会人対抗戦住友金属鹿島戦では自己最速148㌔を記録。
 秋もリーグでの登板は無かったが新人戦明大戦で最速152㌔を記録している。

 ノーワインドアップから最速152㌔の切れの良い直球と120㌔台のスライダー、
 フォーク、110㌔台のカーブ。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2010年11月03日(水)|2015年社会人投手 | 東京六大学 コメント(7) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
ち〜ん(笑)
| 匿名 | 2016年05月03日(Tue) 06:56 | URL #- [ 編集]
応援するよ!!
頑張ってほしいね!将来はどこかのチームに入団して飛躍してほしいね!
| 名無しさん | 2011年04月25日(Mon) 19:55 | URL #- [ 編集]
小山田拓夢はボクの甥っ子の従兄弟です。
先日152キロを出したと聞いてビックリでした。
まだまだ伸びしろはあると思いますので、応援ヨロシクお願い致しますm(__)m
| 北海道の狼 | 2010年11月20日(Sat) 11:35 | URL #- [ 編集]
新人戦の3位決定戦で法大戦に先発。
8回2安打3失点2四死球9奪三振で勝利投手になった模様です。
| ハルタカ | 2010年11月06日(Sat) 23:58 | URL #- [ 編集]
来年からが楽しみな選手ですね。ポスト大石として期待してます。
| kettle | 2010年11月03日(Wed) 20:57 | URL #23tr8otU [ 編集]
早稲田は選手層が厚いです。楽しみです。
| 東京の虎 | 2010年11月03日(Wed) 18:48 | URL #- [ 編集]
斎藤、大石、福井が抜け、不安な投手陣ですが、なんだかんだでこういった楽しみな投手が出てきますね。
未知数な選手が多いけど、是非、来年の春も優勝できるように頑張ってほしいです。
| YUKI | 2010年11月03日(Wed) 17:59 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人投手 | 東京六大学 コメント(7) Page Top↑