辻 孟彦(日体大)|ドラフト・レポート

辻 孟彦(日体大)

ここでは、「辻 孟彦(日体大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



辻 孟彦(日体大)

182cm86kg 右右 MAX147km チェンジ・スライダー・フォーク・カーブ 京都外大西 
常時140㌔前半の直球とチェンジアップ。4年春新記録10勝、タイ記録5完封でリーグ制覇。
2011年中日4位

  動 画

  投球成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   08春: 4  0勝0敗    4  3  1  3  1  2.25
   08秋: 2  0勝0敗    4  2  1  2  0  0.00
   09春: 9  4勝1敗  57.1  47  28  10  13  2.04(7位)
   09秋: 8  3勝4敗  49.2  43  17  16  12  2.17(9位)
   10春: 7  2勝4敗   43  48  30  8  9  1.88(5位)
   10秋: 8  0勝2敗  25.1  29  16  6  12  4.26
   11春: 13 10勝3敗  93.1  64  47  9  14  1.35(3位)
   11秋: 12  3勝4敗   76  68  35  12  15  1.78(9位)
   通算: 63 22勝18敗 352.2 304 175  66  76  1.94
          被安打率7.76 奪三振率4.47 四死球率1.68
    ※ 11春:MVP 11春:ベストナイン 

 【 全国大会 】
   11選   回数 被安 奪三 四死 自責 
   奈良産大   6  5  6  1  3 147㌔(神宮)
   東京国際   8  8  6  0  1
         14  13  12  1  4 防2.57
     被安打率8.36 奪三振率7.71 四死球率0.64 

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 
   07夏: 1 4.1  5  1  1  2 141㌔ 長崎日大

  最新記事

 ■ 日体大・辻リーグ通算10完封 中日スカウト絶賛(スポニチ) 11/9/24

 日体大はエース辻が今季2度目の完封勝利を挙げ、リーグ通算10完封目。通算21勝目を飾った。今春にはリーグ記録のシーズン5完封を記録した今秋ドラフト注目の右腕は「完封は意識していた」と強気。「きょうは調子が悪かったのでバランスを考えて投げた」。直球は130キロ台前半に抑えながら、中日の中田宗男スカウト部長を「低めへの制球力はさすが」とうならせた丁寧な投球で、帝京大打線を手玉に取った。
 「しんどかった」と傾斜の少ないマウンドが合わず、130キロ台にとどまった直球を狙われ、帝京大打線に7安打を許した。それでも「ピンチのときにいいところに落ちてくれた」と決め球のチェンジアップで要所を締めて、105球で零封。(スポーツ報知)

   11秋    回数 被安 奪三 自責
   筑波大 先  10  5     0 ○封 141㌔
       先   8  6     1 ●
   帝京大 先   9  7  4  0 ○封
          27  18     1 防0.33

 ■ 日体大・辻、完封!春の王者が白星スタート(スポーツ報知) 11/9/11

 今春の王者・日体大が開幕戦で、筑波大に延長10回完封勝ちで白星スタート。今秋ドラフト候補の147キロ右腕・辻孟彦が、5安打完封でリーグ戦通算20勝目(14敗)を挙げた。辻は国内4球団のスカウトが見守る前で、最速141キロの直球とスライダーを低めに集め、打たせて取った。「ゼロにこだわった。秋は1敗もしないことが目標」と笑顔。7月に後輩・佐藤涼平さん(享年20歳)が自殺後、初の公式戦で10回を111球で完封した。古城隆利監督の発案でベンチに佐藤さんの写真を持ち込んだ。エース右腕は「助言をくれた仲の良い後輩でした」と弔い星をささげた。
 「プロ1本」に進路を絞り、空から見守ってくれる後輩へまだまだ躍進を見せる。(日刊スポーツ)

 ■ 日体大の辻、1点に泣く(時事ドットコム) 11/6/9

 日体大の辻が1点に泣いた。「初回の入り方が悪く、相手に流れを渡してしまった」と悔やんだのが、先頭打者への初球。直球が甘く入り、中前へ快打された。犠打の後に適時打を許す。結局これが両チームで唯一の得点となり、「悔いが残る」と唇をかんだ。今春の首都大学リーグで10勝をマークした右腕。初めて臨んだ全国の舞台で2勝目は挙げられなかった。「完璧に抑えられる投手になって秋の神宮大会に出たい」。辻の目は涙であふれていた。

 ■ 日体大・辻3失点に不満「東海大が出ていれば、とは思わせない」(スポニチ) 11/6/9

 日体大はリーグ戦で10勝を挙げMVPに輝いた辻が6回5安打3失点。5回まで1人の走者も許さなかったが、味方の援護で7―0と大量リードを奪った直後に失点した。「ノーヒットは意識してませんでしたが、たぶん油断があったんだと思います」と苦笑いを浮かべた。13年連続出場中だった東海大を破っての出場。それだけに「東海大が出ていれば、とは思ってほしくない」と旋風を誓った。

過去記事

 ■ 日体大V!辻14戦13登板、リーグ新10勝!!(スポーツ報知) 11/5/24

 日体大が筑波大を下し、13季ぶり20度目のリーグ優勝を完全Vで飾った。エースのドラフト候補右腕・辻孟彦は3失点完投でリーグ史上初の10勝を挙げ、15年ぶり8度目となる全日本大学選手権出場切符をつかんだ。エースの周りに日体大の歓喜の輪が広がった。「本当にうれしい。野手やスタッフのおかげ」。ウイニングボールを古城隆利監督に手渡すと、背番号18の目から大粒の涙があふれた。今季14試合のうち13試合に登板し、93回1/3を投げて防御率1・35。チームの10勝を1人でもぎ取った。今季3度目の先発3連投。持ち味の直球とチェンジアップを低めに集め、打たせて取る投球で3失点完投だ。「2、3戦目の方が力が抜けて良い球がいくんですよ」と首都の鉄腕は笑った。元々、体は柔らかいが、合宿所に近い接骨院に連日通い、肩やひじなどのマッサージを受けて徹底的に疲れを抜いた。263人の全部員が一丸で戦った。試合後のベンチ前で整列したナインの前で、客席に陣取ったベンチ外の男子部員が上半身裸で「優勝した時にしかやらない」という日体大伝統の儀式「エッサッサ」を披露し、喜びを分かち合った。胴上げを3度された日体大OBの古城監督は、「選手が本当によく頑張ってくれた」と目を赤くした。昨年の大学選手権で、高校の1学年上の佛教大・大野雄大が完封勝利を挙げ、ドラフト1位で中日に指名されるまでになった。昨年12月の京都外大西のOB会で、大野から「俺は全国で完封して認められた。お前もプロに来いよ」と励まされた。「全国でチームが勝てば評価も上がるはず。出るからには日本一になりたい」と宣言した辻が、フル回転で日体大を初の大学日本一に導く。
 ▼運動能力 50メートル6秒3、遠投115メートル。MAX147キロ
 9回3失点で完投し、今季10勝を挙げてOB園川一美氏(元ロッテ)が持つ最多記録の9勝を塗り替えた。京都外大西高出の4年生はプロ志望。「全国にアピールするため、リーグ優勝したかった」と6月の全日本大学選手権出場を喜んだ。東海大のライバル菅野と同じく、リーグタイ記録のシーズン5完封も今春達成。「選手権で日本一になる」と胸を躍らせていた。(時事ドットコム)

   11春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   帝京大 先   9  5  5  1  0 ○封
       先   9  3  7  0  0 ○封
   東海大 先   6  7  1  1  2 ●
       先   9  3  3  1  0 ○封
       先   9  5  3  1  0 ○封
   武蔵大 先   6  3  1  1  2 ●
       先   5  4  4  0  1 ○
       先  10  5  5  3  1 ○
   城西大 先   5  6       2 ○ 
           3  6       0 ○
   筑波大 先  4.1  5       3 ●
       先   9  5  7  0  0 ○封…5完封タイ記録
       先   9  7       3 ○ …新記録10勝
         93.1  64  47  9  14 防1.35
      被安打率6.17 奪三振率4.53 四死球率0.87

 ■ 辻5完封、新記録で日体大王手(日刊スポーツ) 11/5/23

 勝ち点4で首位の日体大が、エース辻孟彦投手の今季5度目の完封で1勝1敗。13季ぶりの優勝に王手をかけた。今季登板12試合目の日体大・辻が、新記録達成とともに優勝へ王手をかけた。9回、筑波大の最後の打者をチェンジアップで空振り三振に取り、小さくガッツポーズ。「今が一番楽しいですよね。最終週に優勝がかかってるなんて」と笑い、5安打無四球7奪三振の完封を喜んだ。シーズン9勝は、史上4人目の最多勝利タイ記録同5完封は、リーグ新記録だ。丁寧に低めに集め、打たせて取るから球数が少ない。この日も9回に最速の142キロをマークするなど、連投しても2、3回戦で調子を上げる。視察した中日石井スカウトは「菅野が(楽天)マー君なら辻は岩隈。力投派じゃないけどどっちもエース」と高評価。辻は「今日は70点か80点。明日勝てば100点です」と最後の一戦を楽しみにしている。3連投なら今季3度目。シーズン10勝のさらなる新記録と13季ぶりの優勝のためなら、どんなにきつくても頑張れる。
 投球スタイルの変更が功を奏した。直球主体の力投型だったが制球に課題があり、昨秋は0勝。今冬は「球速は捨てて勝つことを追い求めた」。背番号18は200球以上の投げ込みを10日間以上積んでコントロールを磨き、カットボールも習得。得意のチェンジアップで緩急を操り急成長につなげた。ネット裏では日米7球団のスカウトが視察した。中日・石井スカウトは、「(楽天の)岩隈によく似てる。コースギリギリに制球して、ボール球をうまく使って打たせてる。力投しないから連投もできる」と高評価した。(スポーツ報知)

 ■ 日体大・辻 リーグ新の1シーズン5完封(スポニチ) 11/5/22

 日体大のエース辻が今季5度目の完封で9勝目を挙げた。首都大学連盟によると、1シーズン5完封はリーグ新記録で、9勝は同タイ記録。「1勝、1勝の積み重ね。余計なことを考える暇もなく9勝してしまった」と喜んだ。京都外大西高で2007年夏の甲子園大会に出場した当時は控え投手で、打撃を生かして4番に座り、一塁手としての出番が多かった。日体大は13季ぶりの優勝へあと1勝だ。辻は「先発でいくつもり」と3日連投に意欲満々だった。

 ■ 日体大がサヨナラ勝ちし勝ち点3(スポーツ報知) 11/5/2

 首位の日体大は延長10回、武蔵大にサヨナラ勝ちし、勝ち点を3に伸ばした。先発3連投の144キロ右腕・辻孟彦が5安打1失点完投で、今季のチーム全勝利を1人で挙げる6勝目

 現在残り2カード(城西大・筑波大)を残し6勝3敗(勝率.667)で勝ち点3、
 東海大が7勝2敗(勝率.778)、残り1カードで勝ち点3となっています。

 ■ 完封率8割!日体大の辻 菅野に投げ勝つ(スポニチ) 11/4/27

 今秋ドラフト候補の日体大のエース辻が菅野に投げ勝った。今カード3連投となったこの日は、東海大打線を5安打に抑え2日連続完封今季5試合で4度目の完封を飾った右腕は「春季キャンプで10日間で毎日150球を投げ込んだので連投も大丈夫です」と笑顔を浮かべた。ソフトバンクの宮田善久スカウト部長補佐も「制球が良くなった。もう少し見てみたい」と興味を示していた。

 ■ エースの座競って成長 京都外大西・辻孟彦投手(asahi.com) 07/8/18

 ベスト8入りをかけた対戦で先発したのは、辻孟彦君だった。立ち上がり、球は走っていたが、四球で出した走者をかえされ、先制を許す。4回まで毎回走者を背負う苦しい投球。直球を軸に攻めたが、4回2死三塁とされて、安達優君に引き継いだ。5回には再登板したが、2死二塁となって白井浩樹君と交代した。「やれるだけのことはやった。後は仲間が何とかしてくれる」。笑顔でマウンドを譲った。小学生時代から投手で活躍。エースとして全国大会を制覇。中学では全日本選抜に入り、世界大会3位に貢献。実績をひっさげて京都外大西へ進学した。だが、ひじを痛めた。投げるたびにしびれ、かばんを持てないくらい力が入らなかった。マウンドから本塁まで投球が届かなかった。一方、本田拓人君は1年で甲子園で5勝をあげ、準優勝投手となった。「めちゃくちゃ悔しかった」。中学時代はチームのエースが辻君で、本田君は3番手だったからだ。でも、あきらめなかった。一塁手として守備練習などに参加しながら、筋力強化や足腰を鍛えるトレーニングを続けた。ひじのしびれが消えるまで、1年以上かかった。投手に復帰した後も、順調とはいえなかった。立ち上がりが悪く、勝てない日々が続いた。去年秋の府大会で優勝できず、今春の選抜大会出場を逃した時は試合後、ベンチで悔し涙を流した。

 甲子園では解説者の方からリリースポイントの不安定さを指摘されるなど粗削りなフォーム
 でしたがヒジの使い方、140㌔超の直球に素質を見せていた投手です。
 日体大では昨年から先発の柱の一人として活躍、着実に力をつけていますね。
 高校時代は182cm78kgとされていたので体作りも進んでいるようです。
 奪三振数が2年春秋107回で45個と少なめ(率3.79)。武器が欲しいところ。

  プロフィール

 京都府京都市生まれ。
 辻 孟彦(つじ たけひこ)投手。
 小学3年から野球を始める。
 藤森中時代は京都ヴィクトリーズに所属し3年時にエースとして全国大会8強入り。
 全日本選抜に選出され世界大会3位の実績を持つ。
 本田拓人投手とは当時からチームメイト。 

 京都外大西進学後は右ヒジ故障により2年夏になってベンチ入り。
 3年夏に4番一塁手兼投手として甲子園出場。
 背番号3ながら中心投手として予選6試合中4試合で先発を任され府大会優勝に導いた。
 甲子園では3回戦長崎日大戦に先発し4回1/3を2失点、最速141㌔を記録。

 日体大では1年春からリーグ戦に出場。
 2年時から先発に定着。
 春秋ともにチーム最多の投球回を投げ合計7勝(5敗)、鶴田との二枚看板として活躍。
 夏には首都選抜に選出されワールドポート・トーナメントで国際大会経験を積む。
 秋の関東代表決定戦では2回戦神奈川大学戦で6安打1失点完投勝利を挙げた。
 4年春は14試合中13試合93.1回に登板するフル回転で優勝に牽引、
 四死球9個の安定感でリーグ新10勝(タイ記録5完封)を挙げMVPに輝いている。
 リーグ通算63試合、22勝18敗、352回2/3、175奪三振、防御率1.78。

 182cm86kg、長身スリークォーター右腕。
 ワインドアップから大きめのテイクバックを取り開き早めに腕をしならせ繰り出す
 最速147㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半の伸びのある直球と120㌔台のスライダー、
 110㌔台から120㌔台のチェンジアップ。
 その他130㌔台のカットボール、120㌔台のフォーク、110㌔台後半のカーブ。
 武器であるチェンジアップはタイミングを外すもの、空振りを誘う外に逃げながら落ちて行くもの、
 独自の握りで2種類を使い分ける。
 まとまりのあるコントロールで力み無く投げ込み打たせて取る投球に持ち味。
 遠投115m、50m6秒3の身体能力に加え柔軟性に恵まれ肩甲骨の可動域が広い。

  スカウトコメント

中日・中田宗男スカウト部長|11/9/24
 「低めへの制球力はさすが」
中日・石井スカウト|11/5/23
 「菅野が(楽天)マー君なら辻は岩隈。力投派じゃないけどどっちもエース」
 「楽天の岩隈と似てるね。この投球がずっとできれば」
 「(楽天の)岩隈によく似てる。コースギリギリに制球して、ボール球をうまく使って打たせてる。力投しないから連投もできる」
中日・石井昭男スカウト|11/5/11
 「菅野がマー君なら辻は岩隈久志。打てそうで打てない、打者からしたら嫌なタイプです。己をよく知り、自分を生かす投球ができています」
中日・中田宗男スカウト部長|11/5/11
 「投手としての打者との間合い、制球、ボールのキレとも申し分なく、タイミングを外すのが上手い。真っすぐのアベレージは130㌔後半で、最速は142㌔前後だが、まだまだ余力を残していると思う。ゲームを視察するたびにレベルアップしており、間違いなくドラフト対象になる。投手というのは、勝てば勝つほど経験値が上がっていくもの。大学の後輩であるが、今後のさらなる成長が楽しみな一人である」
ソフトバンク・宮田善久スカウト部長補佐|11/4/27
 「制球が良くなった。もう少し見てみたい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2011年09月24日(土)|2011年ドラフト指名選手 | 首都大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
遠投115 50m走6.3 球速は最速147キロみたいですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110523-00000298-sph-base
| 匿名 | 2011年05月24日(Tue) 17:57 | URL #- [ 編集]
びっくりする投手になりましたね
今は誰がみても本田君より何枚も上に成長しましたね。
日体大というとイメージ的に教員を目指している選手が多いと思うのですが、プロ志望してくれるんでしょうかねぇ…
| コバルト | 2011年05月23日(Mon) 16:26 | URL #tHX44QXM [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2011年ドラフト指名選手 | 首都大学 コメント(2) Page Top↑